ページタイトル│タイトル

用語

燃料電池の説明では、いくつか特有の用語を使用する。一般的な用語もあるが、燃料電池だけの独自の意味を持つものもある。

お気に入り

セル
電池の分野において"cell"は、両電極と電解質、セパレータを含む最も簡単な電池を表す。一方"battery"は、組みあがった電池全体を 指す。燃料電池においては通常、積層などしない単体の燃料電池のことを「単位セル」、「単セル」もしくは単に「セル」と呼ぶことが多い。
スタック
単板形状の単位セルでは、それらを積層したもの。円筒横縞型や円筒縦縞型の単位セルでは上下に重ねたり数珠繋ぎにしたもの。いずれも直列接続される。「セルスタック」とも呼ばれる。
燃料極
陽極(アノード) のことであるが、電子を失う側の電極を意味するアノードを電圧の極性を意味するものと混乱しないように、水素などの燃料を供給する側を意味する「燃料極」 と呼んでいる。電気化学の分野では、電気工学での「電極端子の電圧の極性に基づく陽極や陰極といった名称」とずれがあるため、混乱を避けるために供給ガス を電極の名前に選ぶのが一般的になっている。
燃料極=陽極=アノード=負極である。つまり通常の電池でいうマイナス極である。
空気極
陰極(カソード)のことであるが、電子を得る側の電極を意味するカソードを電圧の極性を意味するものと混乱しないように、酸素を含む空気を供給する側を意味する「空気極」や「酸素極」と呼んでいる。
空気極=陰極=カソード=正極である。つまり通常の電池でいうプラス極である。
セパレータ
セルの主要な構成要素であり、一方の面に水素、逆の面に酸素をはさんでこれらを分離する(Seddarate)のでセパレータと呼ばれる。出来るだ け低い電気抵抗で両面間に電流を流す必要から薄い方が良いが、水素や酸素、冷却水の流路の溝を備えるために厚みのあるものが多い。高濃度の水素イオンは強 酸性であるため、グラファイトや耐食性を持つ金属で作られることが多い。
電子伝導性があり、イオン伝導性がなく、剛直であり、ガス・液体を通さないことが必要である。 リチウムイオン電池などにおいては「セパレータ」はイオンの通過する部分の正負極を、静電的に絶縁する層を指し、燃料電池においては電解質層に当たるもの であり、注意が必要である。

おすすめ情報

Copyright (C) 2011 addsuperb.jp. All Rights Reserved.

注目ワード//

関連情報

京都 着物 レンタルスーツケースもレンタルしてます。皆様のおかげでやってきました。感謝の気持ちでいっぱいです。
八尾 賃貸情報や八尾市 八尾市ならアパマンにお任せください!